昭和49年9月16日創業、とんかつ・洋食専門店「味の店一番」。

「味」に「一番」こだわり続け40年。
庶民的価格とボリューム満点のとんかつ・洋食メニューを多数揃えています。

洋食店ならではのデミグラスソースで食べるとんかつがお勧めです。
トマトの酸味があり軽めに仕上げたソースはとんかつだけでなく、
ハンバーグやオムライスなどと好相性。昭和の時代から変わらない
秘伝のソース。お肉に添えられる山盛りの千切りキャベツとマスタードも絶妙の組み合わせ。とんかつ以外にもハンバーグやオムライスもあり、お子様からお年寄りの方まで安心して食べていただける味に仕上げています。

お1人様でも気軽に入っていただけるカウンターがあり、目の前で
調理する様子を楽しんでもらっています。またお子様連れのファミリーにはテーブル席もございます。

どこか懐かしい味とノスタルジックなお店の雰囲気をお楽しみください。スタッフ一同心よりお待ちしております。


味の店一番 オーナー
金森 規子

豚肉

定番のお肉は良質な麦やとうもろこしで育った厳選ポークを使用。
鮮度を追求し、熟練の職人が毎日1枚1枚手作業でカット
しています。
部位はやわらかく風味に富むヒレとロースを使用しています。

豚肉は豊富なたんぱく質と牛肉の10倍ものビタミンB1を含んでいます。
ビタミンB1は、別名「疲労回復のビタミン」ともいわれ、糖質をエネルギーに替える際に必要な栄養素です。 このビタミンB1が不足すると、慢性的な疲労感や眠気を感じたり、物忘れが激しくなってしまう事があるそうです。

パン粉

肉と油の相性を試行錯誤した結果、荒めの特製生パン粉を開発。
製パン会社に特注で製造してもらい、出来立てのものを毎日配送。
オーダーをいただいてから1枚1枚パン粉をつけるのでサクサク感たっぷりの歯ごたえになります。



“サクッ”とした軽い食感を生み出すため、純正植物油を使用。
植物油には食物のおいしさを引出す働きがあるという嬉しい点もあります。味の店一番のとんかつが脂っこくないのは、オレイン酸含有量の多い100%植物油を使用しているからです。


大阪・堺市で洋食とんかつがおいしいお店 味の店一番
〒591-8023大阪府堺市北区中百舌鳥町6-882-3